セミがないてるお

日曜日の朝、おそ起き。
もうセミがないてるおぉ。
じらぁぁ~っと汗。

どうしてか、仕事なんよね。
小倉は「わっしょい」ムード。
渋滞をさけ、199を上った。

駐車場から事務所までの
木漏れ日を抜ける道。
空あおぐ。

仕事を優先して傷つけた
あの子のことを思い出す。

あの頃の状況と、変わんないじゃん。
アホクサ、ヒロシナ。
今も、あの子のこと気落ち
ひっぱってるし。

クラクションでセミなきやむ。
僕は、前を向いて歩きだす。
[PR]

by hi64na | 2009-08-02 23:59 | 自然  

<< タイヤキ 今日も眠れずに >>