カテゴリ:ぷちたび( 10 )

 

宮路嶽

e0063902_14030482.jpg
カメラを持って宮路嶽へ。
e0063902_14031596.jpg
金鳥蚊取り線香のちっこい巻きをぶらさげる。
e0063902_14032159.jpg
自然歩道のわりに起伏に富んだ道でおもしろい。
e0063902_14033950.jpg
e0063902_14034531.jpg
竹がコツコツと響き、木陰と風の通り道で癒される。
e0063902_14035025.jpg
展望台まで行って、来た道を折り返す。
e0063902_14035666.jpg
e0063902_14040045.jpg
門前町で松ヶ枝餅を食べて3時間の旅が終わる。
e0063902_14051751.jpg







[PR]

by hi64na | 2018-09-18 14:07 | ぷちたび  

火曜日のキッチンカー

期間限定で事務所の近くにキッチンカーが来る。
ランチ、そばめし食べた、ホットドック食べた。
いろんな所を走り回っているらしい。
e0063902_11021766.jpg
同じ建屋にFM局も入ってるから「音楽イベントもやりたいね」
って企画した人が言ってた。
ハラヘリ、ヒロシナ、火曜日LOVE。






[PR]

by hi64na | 2018-06-27 11:03 | ぷちたび  

Padの中で獣を飼っている

グリコのおまけが騒がしくなってきた。
アプリで彼らのところへ遊びにいく。
e0063902_12155746.jpg
車検を済ませ残高と睨めっこ。
3月になってひとつ歳をとり。
親友が亡くなって1年が経つ。
e0063902_12154825.jpg
去年の春とはずいぶん変わった。
この美しくすばらしい世界。







[PR]

by hi64na | 2018-03-13 12:17 | ぷちたび  

1月の空

光さす図書室の階段をくだる。
1月の空は僕につめたい。

軽量化のために交換タイヤを搭載していないアクアがパンクして出費。
ソーキそばにコーレーグースかけすぎた。

e0063902_11085929.jpg
朝焼けの時間に部屋をでる。
かじかんだ指で文字を打つ。






[PR]

by hi64na | 2018-01-23 11:12 | ぷちたび  

風になった

櫛田神社の風をすいこんだ。
秋味だ。
e0063902_20183226.gif
昔、親友とバイトで中州流れの山をかいた。
オモロいバイトを色々やったよな、ってメールして。
会うことなく別れたあいつの、初盆にも行かずじまいさ。

歳とともに消えて、見えなくなる世界を一緒に過ごした。
時間は美しく積み重なり、果てる。

ヘッドフォンから流れるブルース。
僕はスニーカーの紐を結び直して歩きだす。


[PR]

by hi64na | 2017-09-09 20:38 | ぷちたび  

花言葉

もう会わないつもりでいた。
芝居じみた言葉しかみつからない。
無口になっていく君の唇は虹色になっていく。

電線を流れるスズメの涙とか。
わざとのぬるいハッピーアイスクリームとか。
冷たい雪の日のあれやこれやとか。
愛ってんだろ。
e0063902_21445671.gif
アジサイの公園で「元気でね」って言ったきり
Tシャツの袖をつかんで、はなした。

蒼くもみえるピンクの君の後ろ姿。








[PR]

by hi64na | 2017-06-01 21:55 | ぷちたび  

さみだれ

ぬれていこう、九州の出口?入口?。
e0063902_2120122.jpg

門司、いつ来てもいいね。
湿った風がシャツを濡らす。
潮の臭い、海鳥の声。
e0063902_2121251.jpg

門司港レトロと栄町商店街を散歩した。

少し離れて部埼灯台へ寄ってみた。
アジサイがもっと開いている写真を撮りたかったな。
e0063902_21455895.jpg

古い洋式灯台のひとつ。
階段でカニに出会う。
e0063902_21494189.jpg

カワイイ。

小倉にもどりちいさなアジサイの様子を見に。
森鴎外ゆかりの地。
e0063902_2156229.jpg

しっとりとした空気が肌にしみる。
e0063902_22572128.jpg

冷たい左手で鼻をすすってまた僕は歩きだす。
[PR]

by hi64na | 2016-05-29 23:14 | ぷちたび  

イチゴ

日曜日の朝、まぶしい太陽。
窓ぎわで採った不揃いのイチゴたちをついばむ。
e0063902_19475254.jpg

幼少のころを過ごした場所へ行ってみようと思った。
e0063902_19542048.jpg

僕は昔、色々な理由があって祖父母に預けられた。
3歳くらいの記憶を歩いてみると、5感に響く。
e0063902_2012877.jpg

風の音、はなの香り。
坂道を昇っていく足の角度と、その先に見えるもの。
e0063902_2041350.jpg

幼少を祖父母の元で過ごしたせいか、両親になじめなかった。
お互いつらかった、でももう、そんな親不孝な年齢じゃないよ。
電話かけてみよう、母に。
[PR]

by hi64na | 2016-05-01 20:27 | ぷちたび  

ダンデライオン

春がフワフワふかまっていく。
タンポポの、わたぼうしを蹴とばした。
e0063902_22264299.jpg

たそがれを歩いている。
香椎。
e0063902_22341773.jpg

思い出すことさえ忘れていた事が心を通る。
e0063902_22412546.jpg

ネコとふたりで道ばた、ゴロゴロしたんだ。
アスファルトが香る。
e0063902_22551774.jpg

空にチラチラと飛んでく、わたぼうし見てた。

でもね、ニャンコ。
僕はアスファルトに寝転がるのは痛いんだ。
[PR]

by hi64na | 2016-04-24 23:27 | ぷちたび  

トカゲ

神社の階段でトカゲと会った。
e0063902_22352745.jpg

カワイイ!!
e0063902_22373999.jpg

少し小さな山にに立ち寄った。
e0063902_22404382.jpg

九州は昨日地震で揺れて、熊本はどうだろうかと考えたり。
今日の陽気に歩幅が緩んだりして、天をあおぐなりよ。
e0063902_2248962.jpg

津屋崎の海岸ぞいを歩いたんだ。
e0063902_22545248.jpg

足に砂が、そそ暖かく夏が来る。
[PR]

by hi64na | 2016-04-15 23:04 | ぷちたび